排痰補助装置コンフォートカフⅡ

排痰補助装置 コンフォートカフⅡ

コンフォートカフⅡは多くの医療施設でご愛顧をいただいている「コンフォートカフ」の後継機として実地臨床面からのニーズを取り入れ、操作性と機能を大幅に向上させ、新製品として登場。

特長

  • 自動/手動モードにパーカッサーモードをプラス。効果的に排痰をサポートします。

自動/手動モード

MI-E:Mechanical Insufflator-Exsufflator
マスクや気管内チューブを介して肺および気道にゆっくりと深く陽圧を与えた後、陰圧にシフトさせる動作が咳と同様の作用を生み出すことで排痰を促し、分泌物除去を容易にします。
習得が難しい排痰手技を用いることなく、容易に排痰補助が可能であるほか、さらに手技とあわせて使用することで、より効果的な排痰作用を得ることができます。
また、無気肺の予防をはじめ、肺や胸郭の可動性やコンプライアンスの維持、深呼吸の補助にも効果的です。


MI-E:自動モード

オシレーション機能
最大20Hz(1,200回/毎分)の振動を加えることにより、分泌物の移動を促進します。
陽圧、陰圧、またはその両方に設定可能で、より効果的な排痰作用を得ることができます。

Cough-Sync機能(自動モードのみ)
患者さんとの同調性が向上し、より快適に排痰を行うことができます。

パーカッサーモード

パーカッサーモードは、自発呼吸のある患者さんにマスクまたは気管内チューブを介して10~780回/毎分でのエアパルスを送ることで、肺および気道に振動を与え、分泌物の移動を助け、気道クリアランスを高めます。


パーカッサーモード

呼気ポート
マスクまたは気管内チューブでパーカッサーモードを使用する場合は、呼気ポートを接続して使用します。

 

 

パーカッションラップ+パーカッサーモード
HFCWO:High Frequency Chest Wall Oscillation
パーカッションラップは胸部に装着し、パーカッサーモードで使用します。
コンフォートカフⅡからのエアパルスがラップ内全体に送られることで、胸郭に振動を与え、分泌物を移動させます。
マスクや気管内チューブでの使用に抵抗を持つ患者さんをはじめ、体位ドレナージでの手技に変わる簡便な処置として使用することが出来ます。

多様なツールで日々の使用を快適に

  • 豊富なモニタリング機能
    CPF・一回換気量がディスプレイに表示されます。
  • プリセット機能
    最大9つの設定値を保存し、必要な処置をすぐ行うことが出来ます。
    病院内で複数の患者さんに対して使用する場合や、1人の患者さんに複数の設定値で処置を行う場合に便利です。
  • データ管理
    日々の使用記録をSDカードに保存することが出来ます。
    保存した記録は専用のソフトウェアで閲覧することが出来ます。
  • バッテリ内蔵
    電源のない場所、お出かけ先など場所を選ばず使用出来ます。

仕様

寸法 287(幅) × 273(高) × 218(奥行)mm
重量 4.6kg(本体のみ)
モード 自動/手動/パーカッサー/設定無し
プリセット 1~9
ブロワタイプ 2段階遠心ブロワ(BLDCモータ)
電気的定格 100VAC ±10% 50/60Hz
消費電力 2A/1A/120VA
バッテリタイプ リチウムイオン
電気安全性 電撃に対する保護の形式:クラスⅡ機器
電撃に対する保護の程度:BF形装着部
JANコード 4582330870615
構成品 本体、着脱式バッテリ、呼吸回路130cm、エアクッションマスク、メインフローフィルタ、
ストレートアダプタ、AC電源コード、取扱説明書、添付文書
認証番号 229ALBZX00006000

資料ダウンロード

資料 ダウンロード・ファイル
カタログ COMFORT COUGHⅡ カタログ請求はこちらからお問い合わせください
PAGE TOP